Health&Beauty Labo

令和になっても『美容』と『健康』をこよなく愛する二児の母

【健康】血糖値が高い方の救世主「サラシノール」とは

f:id:kikoriko:20191209011058j:plain

糖の吸収を穏やかに、血糖の上昇を抑える

どうも、KIKORIです!

サラシアには"サラシノール"などの特有の化学構造をもった有効成分が含まれています。

通常私たちが食事によって摂取した炭水化物は、アミラーゼという消化酵素によって「糖類」に分解されて小腸に運ばれます。


次に糖類は、小腸の上皮で働く消化酵素α-グルコシダーゼにより単糖に分解され、体内に吸収できるようになります。


サラシアに含まれるサラシノールはα-グルコシダーゼの働きを阻害して、糖類が単糖に分解されるのを抑え、糖を吸収されにくくする働きがあります。

また、それによって血糖値の上昇を抑える作用が期待できます。

腸内環境を整える

f:id:kikoriko:20191209011418j:plain

腸の調子を整えるのも、サラシアの機能の特徴のひとつです。

わたしたちの大腸の中には、腸管運動を促したり、ビタミンを合成したりする有用菌、アンモニアや腐敗産物を産生するなど有害な作用を及ぼす菌などが存在します。


サラシアを1週間摂取することで、ビフィズス菌(腸内の代表的な有用菌)比率が摂取前と比較して約4倍に増加しました。

サラシアは有用な菌を含んでいるのではなく、前述のα-グルコシダーゼの作用によって「体内で菌のエサとなる糖類を作り出し、腸内の有用菌を増やす」という特徴があります。

免疫調整作用

f:id:kikoriko:20191209011659j:plain

小腸は、摂取した食物に含まれる栄養素を吸収するほか、体内に侵入してきた異物を排除する免疫機能を備えています。


この小腸の免疫機能に着目。

小腸の上皮細胞の遺伝子発現と腸内細菌を解析して、「サラシア」の免疫機能へ及ぼす影響を調べました。

その結果、サラシアを摂取することで、腸内細菌が一定のパターンに変化し、小腸の上皮細胞で免疫関連遺伝子の発現が高まるという、サラシアの免疫調整作用を明らかにしました。

腸内細菌とは

健康な人の腸には100種類以上、約100兆個の腸内細菌が住みついています。

一部の菌の過増殖は疾病の原因になりますが、腸内細菌は我々の身体に必要な栄養素の合成や免疫系の刺激等も行っており、宿主である人間と共生関係にあります。

私のオススメです!

 オススメは、こちら!

「食後の血糖値が気になる方のタブレット(粒タイプ)」

食後の血糖値対策に! 食後の血糖値対策のために開発された、 『食後の血糖値が気になる方のタブレット(粒タイプ)』。

糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇をゆるやかにする機能が報告されている 「サラシア由来サラシノール」を含有した機能性表示食品です。

1日3回、1回1粒を食事の前に、噛まずに水またはお湯でお召し上がりください。

 

【特にオススメしたい方】

・30代以上の食後の血糖値が高めの方

※食後の血糖値が高めの方とは、食後血糖値が140~199mg/dLの範囲に入る方です。

 

 ぜひ、お試しください。